+1 button
スポンサードリンク

マッサージオイルの作り方

スポンサードリンク
お休み前の優雅なひととき。アロママッサージオイルを作ってみませんか?
エッセンシャルオイル(精油)の有効成分を効率的に吸収させることができるアロママッサージは、心と体のリラックスやリフレッシュにはもちろん、お肌に対してもとても効果的です。

マッサージは直接肌につけることになるので、エッセンシャルオイルは必ず薄めて使用します。希釈濃度ですが、海外では2~3%に希釈することも多いようですが、安全にアロママッサージを行うため、精油の濃度は控えめな1%程度を目安としてください。

キャリアオイルの量とエッセンシャルオイルの量(※希釈濃度1%の場合)

キャリアオイルの量 10ml 20ml 30ml 40ml 50ml
必要な精油の量 2滴 4滴 6滴 8滴 10滴

30mlのマッサージオイルを作る場合のレシピ

マッサージオイルの作り方
【材料】
◎キャリアオイル・・・・・・・・・・・・30ml
◎エッセンシャルオイル・・・・・・・・6滴
◎遮光ビン(ドロップポンプ容器など)

【手順】
1.遮光ビンにキャリアオイルを入れます。
2.エッセンシャルオイル(精油)を加え、竹串などでよくかき混ぜます。
※全身1回分=約10mlが目安となります。
※ブレンドする場合は、オイルの合計量が6滴(=1%)になるように調整します。
※遮光瓶は使用前に熱湯消毒すると良いでしょう。(いきなり熱湯には入れないこと。割れてしまいます。)

【保存期間と使用期限】
冷暗所で保管し、2~3週間で使い切るようにしてください。

使用前にはパッチテストを!

アレルギー体質や敏感肌などでトラブルの心配がある人は、以上が出ないかオイルをあらかじめ肌の狭い範囲に塗ってテストしておくと安心です。
パッチテストの方法は、次の様に簡単です。

精油をキャリアオイルで1%以下に希釈し、それを1滴だけ腕の内側のやわらかい部分に塗り、数時間ほど放置します。

これで何も異常がなければ大丈夫です。もし、皮膚にかゆみや炎症などが出た場合は、その精油を使ったマッサージは控えましょう。テストした部分に異常がみられた場合は、水で綺麗に洗い流して下さい。

スポンサードリンク

Comments are closed.