+1 button
スポンサードリンク

イランイラン

イランイラン

【科目】
ハンレイシ科
【主な産地】
アジア南部
【抽出部位と方法】
花/水蒸気蒸留法
【ノート】
ベースノート
【作用】
精神面・・・催淫作用
身体面・・・殺菌・消毒作用等

スポンサードリンク

イランイランは、「花の中の花」や「香料の木」とも呼ばれています。甘く重みのあるその香りは、フローラルな中にもオリエンタルな雰囲気を醸し出しています。以前は、ココナツオイルに混ぜることで、髪の症状を改善したり、虫さされの薬としても利用されていたようです。
イランイランの強い香りには、催淫作用があるとされており、インドネシアでは新婚カップルのベッドにイランイランの花をまき散らす風習があるそうです。
心を穏やかにして精神的ショックを鎮め、気分をリラックスさせる作用もありますから、ストレスに負けそうなとき、不安、恐怖、怒りなどに襲われたときなどに利用すると良い結果が得られるでしょう。

使用上の注意

イランイランは香りが非常に強いので、使用する量は控えめにするのがよいでしょう。使いすぎると、頭痛や吐き気の原因となることがあります。また、頭皮のケアなどに使用する場合は、炎症を起こしていたり敏感肌の人は使用を避けてください。また、妊娠初期の人も使用を避けましょう。

イランイラン


Comments are closed.