+1 button
スポンサードリンク

ペパーミント

ペパーミント

【科目】
シソ科
【主な産地】
イギリス、フランス、アメリカ
【抽出部位と方法】
葉/水蒸気蒸留法
【ノート】
トップノート
【作用】
精神面・・・刺激作用、神経強壮作用、頭脳明晰化作用等
身体面・・・健胃作用、消毒作用、殺菌作用、消化促進用、制吐作用、鎮痛作用等

スポンサードリンク

ペパーミントは、メントールの香り。ギリシャ、ローマ時代には勇気と活力の象徴として考えられていたとか。
ペパーミントのスッとする香りは、気持ちを冷静にさせ、興奮を静めてくれる作用があります。眠気を覚ましたいときに使用すると良いでしょう。また、冷却効果と鎮痛効果があるので、頭痛、筋肉痛などを和らげてくれます。消化促進作用や制吐作用も持っているので、消化不良や胃の不調、乗り物酔い、吐き気にも効果が期待できます。
また、鼻づまりにも効果的です。ペパーミントガムをかんだときに鼻の通りが良くなったという経験をお持ちの方も多いでしょう。ス~ッとしますよね。

使用上の注意

ペパーミントは刺激が強いので、多量に使用しないようにしましょう。キャリアオイルで薄めたり、他のエッセンシャルオイルとブレンドしたりして使用するのが良いでしょう。また、妊娠中は使用しないでください。

ペパーミント


Comments are closed.