+1 button
スポンサードリンク

セージ(ヤクソウサルビア)

セージ(ヤクソウサルビア)

セージ(ヤクソウサルビア)

【別名】ヤクソウサルビア
【科目】シソ科の多年草
【原産地】地中海沿岸地方
【使用法】

  ティー 料理 バス クラフト
 
   



【作用】

  • 胃腸のトラブルを治し、消化を促進します。
  • 脳が刺激されるので集中力が高まります。
  • 神経の強壮作用があります。
  • 熱や血圧を下げる効果があります。
  • 頭皮によく、フケや抜け毛などを防止します。

スポンサードリンク

セージはスッキリとした香りと苦みを持つ薬草として昔から親しまれてきました。古いことわざに「長生きしたければ5月にセージを食べよ」という節がありますが、イギリスでは紅茶が一般化するまではセージティーが健康飲料として広く飲まれていたという歴史があります。
セージは、強壮・解熱作用の他、消化促進や浄血作用、頭痛や精神的緊張の緩和、記憶力を高める、歯を白くし歯茎を強くするなどなど、多種の作用が期待できます。その中でも殺菌作用は秀逸で、ドライセージをお茶として使用することでうがい薬になるほどです。ハーブバスにすればデオドラント効果が得られます。
セージは料理、特に豚肉、チーズ、トマト、レバーに良くあうようです。ただし、妊娠中の方は利用を避けるようにしましょう。

育て方

  1. 春か秋(5月か10月)に種を蒔きます。
  2. 鉢植えの場合は、風通しと日当たりのよい場所に置きます。
  3. 土の表面が完全に乾いたら水をあげます。夏は朝と夕方の2回です。
  4. 肥料は5月~11月に与えます。冬は要りません。
  5. 発育がよいので2年に1度は植え替えをしましょう。

注意点

  • 用土は水はけのよい、赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜたものがおすすめです。
  • 日光が強すぎると枯れることがあるので、真夏は半日陰に移しましょう。
  • 寒さに弱いので、冬は軒下に移動させましょう。霜がついて葉が黒くなったり成長が悪くなったりします。

市販のセージ

栽培ができない、面倒という方は市販のセージをどうぞ。

Comments are closed.