+1 button
スポンサードリンク

芳香浴

香りを鼻から吸入して、神経に働きかける方法です。香りを直接嗅いで取り入れる方法と、室内など空気中に香りを拡散して取り入れる方法があります。

直接吸入

スポンサードリンク
エッセンシャルオイルを1~2滴、ハンカチやティッシュ、コットンに染みこませて直接香りを嗅ぐ方法です。睡眠前に枕元に置いたり、胸ポケットに忍ばせておくだけでも効果的です。場所や時間を選ばずアロマテラピーができるので、非常に手軽な方法と言えます。
ただし、あまりは鼻に近づけすぎて、オイルが直接肌にふれないように注意しましょう。

蒸気吸入

効率的で、短時間で大きな効果が得られる方法です。
熱湯を注いだティーカップや洗面器に、エッセンシャルオイルを1~3滴加え、有効成分をたっぷりと含んだ水蒸気を吸入する方法です。同時に、室内の加湿や空気の浄化もできるので、風邪気味の時などにはとっても効果的。また、タオルを頭からかぶり、この蒸気を独り占めするやりかたもあります。まるでミニサウナの気分?になれますよ。
使い終わって冷めたお湯は、ペットなどが飲んだりしないようにすぐに処分しましょう。

器具を使って芳香浴

長時間にわたってアロマテラピーを楽しむことのできる方法です。
水かお湯にエッセンシャルオイルを適量落とし、キャンドルや電気炉で加熱して香りを立たせる方法です。部屋に香りが行き渡るので、部屋の空気そのものが心身に働きかけます。広いスペースでの利用に効果的な方法です。
使用するキャンドルはアロマ専用の無煙無臭のものを使います。空だきに注意してください。また、オイル類は燃えやすいので、補充の際などは火を一端消してから行うなどの注意も必要です。

スプレーを使って芳香浴

作り方も使い方もとても簡単で、しかも持ち運びができる手軽な方法です。
車の中やオフィスでの、ちょっとした気分転換や眠気覚ましに、空気中や足下などに一拭きするだけで効果的。防虫効果のあるオイルをブレンドすれば屋外でも役に立ちます。

アロマスプレーの作り方
【材料】
精製水(ミネラルウォーター)・・・・・・24m
無水エタノール(アルコール)・・・・・・6m
エッセンシャルオイル・・・・・・・・・・・・・・12滴
容器に、無水エタノール・エッセンシャルオイル・精製水の順に加え、その都度良く振って混ぜ合わせる。これでできあがり。とっても簡単!

スポンサードリンク

Comments are closed.