アロマテラピー A to Z

アロマテラピーの基礎知識、エッセンシャルオイル(精油)、楽しみ方や注意点を解説したアロマテラピー効果情報サイト。

ボディ編

食欲不振を改善したい時のオイル

投稿日:

理由もなく、何となく食欲がわかない、食べたくない、食べても美味しく感じないという場合は要注意です。食欲は健康のバロメーターとも言います。このような時は、心や体が不健康になっている印です。身体に原因がある場合は医師の診断が必要でしょう。それよりも気をつけなければいけないのは、精神的ストレスからくる心の不健康状態。最近では、ダイエットに神経をすり減らしている若い女性に見られる神経性食欲不振が増えてきているようです。
これらの不健康状態には、やはりエッセンシャルオイルが強い味方になってくれます。オイルの香りが食欲を増進させ、自分に自信を持たせて気分をリフレッシュしてくれます。

食欲不振を改善したい時のオススメエッセンシャルオイル

名称 効果
グレープフルーツ 食欲を刺激し気分も高揚させてくれます。
スイートフェンネル 食欲のバランスを整えてくれます。
ベルガモット 食欲を刺激して消化器系を正常にしてくれます。
レモン 消化器系の機能を活発にしてくれます。
ローズマリー 消化不良を改善して胃腸の働きを高めてくれます。

-ボディ編
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事